思考の消化器官

色々な感想文とか。生活のこととか。

『人体 失敗の進化史』からの引用1

愛犬君のご機嫌を取りつつ、ちょっと試してみましたけれども、よくわかりませんでした。でも、確かに人間の鎖骨に相当する部分の骨ってない感じですよね。この本を読むまで考えもしませんでしたね。

ワンちゃんのご機嫌を取りつつ、ちょっと試してみてほしい。首筋の表面をずっと触っていくと、前足が現れる少し前の部分で、皮膚の下にコリコリとした動く塊に出会う可能性がある。ある程度大きな一〇キロ以上はあるイヌが分かりやすいだろうが。いわれてもなかなか気づかないような、皮下のコリコリ。正体は鎖骨画と呼ばれる、鎖骨の痕跡だ。といってもすでに鎖骨たる骨の姿はどこにもなく、ただ、頭から腕に伸びる長い筋肉の中に生じてくる、線維と軟骨の小塊だ。しかし、これこそ、イヌの歴史に追い詰められていった鎖骨が見せる、断末魔の叫びだといえるだろう。

人体 失敗の進化史 P40『第一章 身体の設計図』 より

人体 失敗の進化史 (光文社新書)

人体 失敗の進化史 (光文社新書)

丸善&ジュンク堂書店ネットストアで詳細を見る